プリザーブドフラワープレゼント

プリザーブドフラワープレゼント

ブリザードフラワーをプレゼントするメリット
プリザーブドフラワーは、1年中どのイベントで渡しても喜ばれるプレゼントです。
特に女性は花が好きな人が多く、花をプレゼントされると、非常に嬉しいものです。
しかし、「生花をプレゼントすることとプリザーブドフラワーをプレゼントすることは、
どちらが嬉しいのだろう?」と迷うこともあるのではないかと思います。
生花をプレゼントするメリットデメリットと、プリザーブドフラワーをプレゼントする
メリットデメリットをよく考え、目的に合った方をプレゼントすることをお勧めします。
 

生花をプレゼントするメリットデメリット

生花をプレゼントするメリットは、生花特有の、「生きている感じ」を感じ取ることができるところです。
プリザーブドフラワーは生花を加工している花ですが、生花は生きている植物そのもののため、
花の生命を感じることができます。
花束の中に蕾があれば、花が咲く成長を見られるため、変化を楽しむこともできるでしょう。
また、プリザーブドフラワーにはない花の香りや、花本来の色を楽しめることもメリットです。
花の香りが好きな人は、生花を飾っているだけで、視覚でも聴覚でも花を楽しむことができます。
一方、生花をプレゼントするデメリットは、切り花の場合ですが、枯れたり萎れたりしてしまうことです。
生花は生きているため、枯れたときや萎れたときは、なんとも悲しい気分になってしまうものです。
また、鉢植えの場合、もらった後に水やりをしたり、切り花の場合、花瓶の水を変えたりして、
お手入れをしなければなりません。
プレゼントする人によっては、お手入れが面倒だという理由で、喜ばれない場合もあるほどです。
そして、これはデメリットではありませんが、切り花を選ぶか鉢植えを選ぶかも考えなければなりません。
母の日などでよくプレゼントされるカーネーションなどの多年草は、鉢植えでプレゼントされることが多いため、
育て方によっては、毎年楽しむことができます。
しかし、病院に入院している人へ鉢植えに植えられた花をプレゼントすることは、
「病気が根付く」という意味を持つため、タブーとされています。
そのため、プレゼントする目的によって、切り花か鉢植えかを選ぶ必要があります。
 

プリザーブドフラワーをプレゼントするメリットデメリット

プリザーブドフラワーをプレゼントするメリットは何と言っても、長期間楽しめることです。
生花は切り花の場合、寿命が1~2週間なのに対して、プリザーブドフラワーは、
最低でも1年以上は美しい状態を保つことができます。
ケースなどに入れて、湿度や温度などの保管環境が良ければ、5年以上もらった状態を保つことができます。
また、水やりや水の交換などのお手入れが必要ないため、もらった人が面倒だと思うことはありません。
そして、花の香りが苦手な人や、花粉アレルギーの人でも、花を楽しむことができます。
これらの理由で生花を飾ることができなかった人でも、もらって嬉しいプレゼントになるでしょう。
さらに、プリザーブドフラワーは、生花にはないアレンジができることもメリットです。
フレームに入れて時計にしたり、フレームの中央に写真を入れられるように空けて花を飾り、
写真立てにしたり、ぬいぐるみを一緒に添えたりなど、さまざまなアレンジをすることができます。
一方、飾る環境に注意しなければならないことがデメリットと言えるでしょう。
プリザーブドフラワーは、強い光、低過ぎたり高過ぎたりする湿度や温度に弱いため、
飾る環境によっては1年以内で劣化してしまいます。
そのため、プレゼントする人には、どんな環境に置いておけば長持ちするかということを、
プレゼントする際に伝えた方が良いでしょう。



  人気のプリザーブドフラワー通販・専門店(法人・お祝い・おすすめ・お供え花・ギフト・プレゼント)

胡蝶蘭